5/17

(TUE)

ヴァン・コーネル 朝食で元気が出るホテル”プレ開業「地域ナンバー1目指す」

  • 2013/11/12
  • 2021/06/09

エントランスで行われたプレオープンパーティ

 

 ホテル「ヴァン・コーネル」が11月10日、東広島市西条岡町にプレオープンした。ホテル内に会議室2室を設け、客室はシングル45、セミダブル15、ツイン3の計65室を用意。「元気になれるホテル」をコンセプトに、快適性と朝食に力を入れる。グランドオープンは来年2月。
 同ホテルは東広島シティホテルを白竜湖グループ(川口伸二代表取締役)の飲食業・白竜湖が買い取った。アイビーをベースカラーに、ロビーは壁面に珪藻土(けいそうど)を塗り、落ち着ける空間とした。
 朝食は地元の食材を中心にした和食。旬の食材を使った料理を出す。主菜8〜9品は弁当箱に詰め、お客さんに手渡し。主食やサラダなどはバイキングスタイルで自由に選べる。
 同日、生バンドの演奏を楽しみながらのディナーショー形式で、ホテルのプレオープンを祝った。川口代表取締役は「前身のホテルの時代から、ここが白竜湖グループの出発点。特別な思いがある」と笑顔で語った。総支配人の石風呂明紀さんは「お客さんに満足していただける、地域でナンバー1のホテルを目指します」と話している。
問い合わせは082(422)8686へ。

関連する人気記事

新着記事