7/20

(SAT)

のん太の折り紙完成 ハーレー静代さん

  • 2021/05/26

のん太の折り紙を持つハーレーさん

 

 東広島市高屋町の折り紙作家・ハーレー静代さんはこのほど、同市の観光マスコット「のん太」の折り紙を完成させた。
 のん太の折り紙は、ボトルキャップや指人形として使える。「通常」「ほろよい」「杜氏」「カープ」の4種類。
 ハーレーさんは「1週間改良を重ねて作った。ぜひ見てほしい」と笑顔で話す。酒蔵通りのくぐり門のほか、市中央生涯学習センター、サンスクエア、ゆめタウン東広島店別館2階のiwai文具、中央図書館で展示している。
 11月1~2日に東広島運動公園で行われる生涯学習フェスティバルの高屋西小学校会場では、のん太の折り方教室を行う。1日の午後1~3時、2日の午前10~12時と午後1~3時の3回。参加は無料。高屋西小学校の親子作品も展示され、毎年物語の内容を表現した折り紙などの力作が展示される。(西村)

関連する人気記事

新着記事