8/8

(MON)

銀行で強盗対応訓練 防犯意識高める

  • 2014/12/17
  • 2021/05/19

 

 年末に向けて防犯意識を高めようと、広島銀行西条支店はこのほど、東広島署の協力を得て強盗対応訓練を行った。
 行員約50人が参加し、強盗役の東広島署員がATMの不調を訴え、対応に出てきた行員を人質に金を要求し、模擬紙幣を奪って逃走する流れで訓練した=写真。
 芳岡泰浩生活安全課長は講評で、「普段からのお客さんへの声かけが一番の犯罪対策になる。常にフロアに気を配ることで犯行を未然に防ぐ環境を作ることが最も大事だ」と呼び掛けた。
 同支店の新宅正紀次長は「いざという時に的確な対応を取れるよう、これからも定期的に訓練を繰り返していきたい」と話していた。              (川口)

関連する人気記事

新着記事