5/27

(MON)

西条国史跡巡りに330人

  • 2023/03/02

 

歴史ガイドを聞きながら、東広島市にある国の史跡などを歩いて巡るイベントが4月29日、同市西条地区であった。市内外から330人が参加し、悠久の時を楽しんだ。東広島郷土史研究会主催、32回目。
参加者は西條農学校跡の西条中央公園で「通行手形」を受け取ってスタート。酒蔵地区にある四日市本陣跡やJR西条駅北側の安芸国分寺、鏡山城跡、三ツ城古墳など6カ所に設けられた「関所」で通行手形に判を押してもらいながら、約9キロを5時間余りかけて歩いた。
酒まつりの酒蔵イベントでサックス演奏をしていたという安芸郡熊野町の松田武彦さん(75)は「毎回楽しみにしている。古墳がたくさんあることに驚いた。御建神社、松尾神社が一緒に並んでいるのも全国的にも珍しい」と仲間5人と発見を楽しんで実行委員を務めた郷土史研の菅川孝彦副会長(74)は「来年は、若い方にもぜひ参加してほしい」と話していた。(新海)

関連する人気記事

新着記事