8/8

(MON)

安心して暮らせる地域を 地域見守り活動で協定締結

  • 2016/10/05
  • 2021/03/16

 

 東広島市の地域を見守る活動に関する協定締結式が9月29日、東広島市役所で行われた。藏田義雄市長、甲田忍東広島警察署長、市民生委員児童委員協議会の貞森良範会長、東広島市社会福祉協議会の冨吉邦彦会長が協定書に調印した。
 東広島市では初めての協定で、市民が安心して暮らせる地域づくりを目指して、関係団体が積極的に協力・連携していく。
 貞森会長は「関係団体が垣根を取り払い、協力していくことで、住みやすい市になるよう努力していきたい」と話していた。(石田)

関連する人気記事

新着記事