9/27

(TUE)

250人が西高屋の史跡巡る 史跡・文化財を見て歩く会

  • 2017/05/20
  • 2021/02/06

梵字岩を見る参加者

 

 東広島郷土史研究会は4月29日、「第33回東広島の史跡・文化財を見て歩く会 西高屋の歴史を巡る」を開いた。参加者は約250人。受け付け時に通行手形が配られた。
 参加者は通行手形を携行し、高美が丘小学校を発着に、西高屋地区を回る約10kmのコースを巡った。コース内には関所が6カ所設けられ、参加者は、各関所で1絵柄のスタンプを通行手形に押しながら、梵字岩、杉の巨樹、西本遺跡、行賢の石造水槽、胡麻古墳などの史跡を見て回った。
 安芸郡海田町の百本邦子さん(75)は、かいた歴史散策会のメンバー15人と参加。「東広島は合併して広くなった。史跡内容も歩くコースも毎回新しくて面白い。これからも楽しみですね」と話していた。
(奈須)

関連する人気記事

新着記事