7/20

(SAT)

天使のはしご

  • 2021/10/20

3月1日、東広島市西条町で撮影

 

 雲が空一面を覆う日の朝か夕に見掛ける現象です。太陽は見えないのに、陽光だけが雲の切れ間から放射状に降り注ぐことがあります。西洋では天使がこの光線を伝って天と地を行き来すると信じられています。巨匠レンブラントが好んで宗教画に取り入れたので「レンブラント光線」とも呼ばれます。気象用語では「薄明光線」と呼ばれますが、西洋の名画を連想させるこの光景にはやはり「天使のはしご」がふさわしいと思います。

(フォトリポーター 船越雄治)

関連する人気記事

新着記事