8/11

(THU)

世界の選ばれたダンサーが集う ジェネ国際コンクールに出場【森川里美バレエアカデミー所属】

  • 2019/10/28
  • 2020/10/01

森川代表(左)とジェネ国際コンクールに出場した末田さん

 

 世界12カ国から選ばれた若手ダンサー男女62人が集う「アデリン・ジェネ国際バレエコンクール」が8月20~29日、カナダのトロントで開かれ、森川里美バレエアカデミーに所属する賀茂高3年の末田美侑さん(17)が出場した。
 同コンクールに出場するためには15~19歳の間に、英国に本部のある世界最大級のバレエ教育機関、ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンス(RAD)の試験の最上級のアドバンスⅡで最高得点を獲得しなければならない。末田さんは、2年前にポルトガルであったジェネコンクールにも最年少で出場していて、今回2回目の挑戦となった。
 コンクール期間中に末田さんは、カナダナショナルバレエスクールの寮に入り、クラシカル・創作・コンテンポラリーなどで、審査を兼ねたレッスンや振り付け指導などに取り組み2日間のセミファイナルに出場した。海外のトップクラスのダンサーと戦うことで「創作がうまいダンサーが多く、体の使い方や表現の仕方など学ぶことが多かった」と末田さんは振り返る。

続き>> http://www.pressnet.co.jp/article/191024_06.php

関連する人気記事

新着記事