7/15

(MON)

有限会社ハイマックス

  • 2023/05/31

未来のモノづくりをリードする精鋭部隊

仕事に夢と誇りをのせて自分を高みへ

▲工場内での勤務風景。数ミリ単位の作業に緊張感が高まる

 東広島市福富町に本社を、豊栄町に工場を持つ「ハイマックス」(松原博男代表取締役社長)。若き力が集まる魅力は、世界のモノづくりをリードする精鋭部隊とその仕事内容にあった。キラリ輝く地元企業を取材した。

ハイマックスの魅力

 人材不足が深刻化する現代社会において、拠点を福富・豊栄に置きながら若き力が会社を支えている企業がある。業務用洗濯機や乾燥機、産業設備の設計・製造を手掛けている企業ハイマックスだ。

 同社は設計から製造、塗装までの工程すべてを自社で行うことで、顧客のコスト削減や納期の短縮を可能に。こうした取り組みが評価され、企業からの信頼も厚い。「高い品質とお客様に満足される製品を提供する」をスローガンに、平成26年に豊栄工場を稼働。その際に、大量ロットに対応した粉体塗装ブース、大型製品の焼き付けも可能な乾燥炉を導入した。さらに平成30年には金属を正確に切断する「パンチレーザー複合加工機」と金属を決められた角度で曲げていく「ハイブリッドベンダー」を導入した。多様化するニーズに応えるべく、時流を読んだ迅速な行動が同社の魅力。

若き力集まる

松原 博男さん
代表取締役社長
 当社は「高い品質とお客様に満足される製品を提供する」をポリシーに創業以来走り続けてきました。多様化するニーズに応えるため新設備の導入や、新分野への挑戦に取り組み、2014年には事業拡大の為、豊栄工場を稼働。2018年にはパンチレーザー複合機とハイブリッドベンダーを導入。社員が誇りを持ち働ける会社を目指しています。

 次世代に目を向けた取り組みは機械の導入だけではない。働きやすい環境の整備やスタッフが誇りを持って働けるようにさまざまな対策を打っている。平成30年から本格的に行動に移したのが認知度の向上。福富・豊栄を走るバスに企業看板を貼ったり、企業の顔でもある創業当時に作成したロゴマークを一新し、ユニフォームを新調したり、ホームページを作り変えるなど思いつくことは何でもやってきた。徐々にハイマックスの知名度は地域外にも広まり、若者が集い、活気ある職場になってきた。女性社員が増えているのもハイマックスの特徴。

 ハイマックスが求める人材像は大きく分けて3つ。①自分で考え行動できる自主性のある人。②協調性があり、真面目に仕事に打ち込める人。③物事を段取りよく進められる人。「初めからすべてが出来る人はいないと考えています。初心者でも機械を扱えるように丁寧に教え、資格取得支援も積極的に行っている。社員が成長することが一番の喜び。スキルアップできる環境がこの会社にはある」と松原社長。

自らの手に誇りを

 ハイマックスに入社して3年の阿江武さんは、入社したきっかけを「誇りある仕事がしたいと思ったから」とまっすぐな目で答える。未来のモノづくりをリードする技術やベテランの先輩がいる職場で刺激をもらっていると話す。「今よりもさらにお客様に選ばれ続ける会社であるために私たちは常に前進していく必要がある。1人の力は微力だが、多くのスタッフが一丸となればもっと大きくなれる。私たちと共に夢をつかみましょう」と笑顔で話した。

▲豊栄工場での塗装作業風景。最新の技術が光る
▲金属を決められた角度に折り曲げていく「ハイブリッドベンダー」
▲金属を正確に切断するパンチレーザー複合加工機
▲豊栄工場での作業風景。女性スタッフも懸命に汗を流す


求人案内

■業務用の洗濯機・乾燥機の製造
■板金や塗装などの業務
月収/18万~28万円
時間/8:30~17:30(残業20時間/月程度)
休日/土日※1.5.8月長期休暇あり
資格/未経験スタート可能
待遇/交通費支給(規定)・賞与有・社保完備
 車・バイク通勤可能・制服貸与・昇給有
 地元優遇・資格取得支援制度有り


有限会社 ハイマックス

東広島市福富町下竹仁1926-1
082-430-1388
営/8:30~17:30
休/毎週土・日曜日

関連する人気記事

新着記事