7/19

(FRI)

【街角リポート】7月24日オープン!木のおもちゃ屋「ほしの木」に行ってきました。(東広島市高屋町稲木)

  • 2023/08/01

FM東広島 東広島★情報局 毎週金曜日10時台のコーナー 街角リポート リポーターの平野朋美です。7月28日(金)は、東広島市高屋町稲木に、7月24日にオープンした、木のおもちゃ屋「ほしの木」に行ってきました。


目次

目次

 

木のおもちゃ屋「ほしの木」

場所は、東広島市高屋町稲木282。国道375号沿い、稲木交差点の近く。近くに、セブンイレブン東広島高屋稲木店があります。

結構目立ちます。

どんなお店?

木のおもちゃ、ボードゲーム、多肉植物、古着などの販売と、お子様が遊べるプレイルームもあります。カラフルな外観は外国のお店のようです。

入口

店内に入ると、目立つ所に自由に遊べる楽し気なおもちゃがありました。楽しそう。外国のおもちゃはデザインもかわいい。

かわいい丸みを帯びた木のおもちゃもたくさん。

オープンのきっかけは、木とオモチャと雑貨のお店 「おやこにいいものくるり」(高屋町中島)が今年3月に閉店すると知り、それなら・・・と、商品を全て引き取り、「ほしの木」をオープン。店舗はオーナーの大杉さん自らの手作りだそうです。

広いプレイルーム。小さなお子さんの、足音を気にせず走り回れます。

内装も手作りしたプレイルーム

多肉植物も。

子どもも大人も集まるお店に

「おやこにいいものくるり」の商品と想いを引き継ぎ、「ほしの木」では、大杉さんの好きな、古着や多肉植物なども置かれています。商品もレザークラフト、ハンドメイド品など、今後増やすことも考えているそうです。

古着も販売

小さなお子さんの遊び場としての利用、地域の子どもたちが学校帰りに遊んだり、宿題をしてもいい、お子さんとお母さん、お子さんとお父さん、お子さんとおじいちゃん、おばあちゃん、お友達同士、もちろん、ひとりでもOK!「何も買わんでいいよ、気軽に遊んでって」と、大杉さんが笑っておられたのが印象的でした。

インタビュー裏話

もともとは、ガソリンスタンドだった店舗を手作りでリフォーム。店舗の奥の方を見せてもらうと、大杉さんの秘密基地のような場所になっていました!(笑)。お店は目立ちますから、すぐに分かるはず。ぜひ、気軽に立ち寄ってみてくださいね。

オーナーの大杉元治さん

店舗情報

ほしの木
東広島市高屋町稲木282
070-1874-1964
10:00~19:00
不定休
インスタグラム


関連する人気記事

新着記事