8/13

(SAT)

感染予防のちょっといい話~東広島の新型コロナ対策「光と影」~

  • 2020/06/05
  • 2020/08/26
東広島の新型コロナ対策

写真はイメージ

【代表事例1】
 2月初旬、市職員の提案でエタノールの一斗缶を大量に集めた健康増進課。希釈して手作りの消毒液を医療機関、公共交通機関に配布。国より2カ月早い活動だった。

【代表事例2】
 医療用の靴下などを製作している安芸津町のコーポレーションパールスターは、布製マスクを自社開発し、市などに寄付。当初は社内のスタッフ用に作り、試供品を団体などに提供していたところ、評判がよく、大量生産することになった。

関連する人気記事

新着記事