10/2

(SUN)

おかずにもおやつにもぴったり! 安芸津の大浦鮮魚店のフライ【東広島グルメリポート】

  • 2022/03/04
  • 2022/03/04

東広島市安芸津町の国道185号沿い、藤三のある交差点から黒瀬方面に約150m進んだ場所にある大浦鮮魚店。新鮮な魚はもちろん、弁当や総菜も店頭に並びます。今回はおかずにもおやつにもぴったりのフライをリポートします!

 

大浦鮮魚店

大浦鮮魚店のスタッフさん。あたたかく迎えてくれました~

 

大浦鮮魚店のフライ

 

その日に揚げたフライが店頭に並びます。

 

値段は120円~250円(2022年3月1日現在)。

時季によって変わる魚があり、価格もそれに合わせて変動します。

 

現在のラインナップ!

大浦鮮魚店

撮影用に二つずつ並べてくれました~。ん~おいしそう♪

 

大浦鮮魚店のフライは、衣が厚くなくやわらかいです。

 

油切れがよいのか、油の吸収が少ないのか、油っぽさが少ないな~と感じました。

 

朝8時から正午までの営業。

水曜日定休。

 

受け取りが午後になるときは、予約をしておくと対応してくれます(~17時)。

 

コロッケ、サヨリ、アジ

 

では、いただきます。

 

左からコロッケ120円、サヨリ150円、アジ200。

大浦鮮魚店

ちなみにこの組み合わせだと、計470円ですね。

 

コロッケは赤エビ入りのオリジナルレシピ。

 

中身はやわらか~いんです。

ジャガイモの姿は少しありますが、エビとジャガイモが仲良~く、なめらかに混ざっている感じ。

 

しっかりうま味を感じるので、ソースがなくてもおいしい! おやつ感覚!

 

でも、ご飯にのっけて食べてもおいしいだろうな~とも感じました。

 

一度に10個くらい購入するお客さんもいらっしゃるようで、閉店までに売り切れることもあるそう。

 

必ず食べたい時は予約が確実です。

 

タラ、イワシ、エビ

 

左からタラ180円、大羽イワシ250円、エビ180円。

大浦鮮魚店

ちなみにこの組み合わせだと、計610円ですね。

 

イワシは大きめサイズ!

肉厚な身で、しっかりとイワシを味わえます。

 

従業員さん絶賛のトリカラ

 

そして、こちら。従業員さんが絶賛するトリカラ1個60円。

 

大浦鮮魚店

 

「魚屋さんなのに鶏?と思われそうですが、ほんとおいしいんです」と教えてくれました。

 

板長さんによると、味付けは「企業秘密」とのこと。

 

食べてみると、確かにおいしい!

濃い味ではないのですが、鶏の味がしっかりしてコクがある…。

 

もう一度食べたいな、と思いました。

 

大浦鮮魚店のあったかスタッフさん

 

大浦鮮魚店では現在、若いスタッフがインスタライブやSNS発信をしたり、イベントを企画したりと、話題が豊富!

 

 

新商品「漬け丼」も発売しています。

 

 

元気のいい大浦鮮魚店のおいしいフライ。味わってみてはいかがでしょうか。

 

 

大浦鮮魚店の詳細はこちら。

(有)大浦鮮魚店

 

文・写真 Reiko Hashimoto

 

関連する人気記事

新着記事