7/6

(WED)

【東広島】道の駅西条のん太の酒蔵 こどもひろばはこんな感じ! 7月15日のオープンが待ち遠しい

  • 2022/06/21
  • 2022/06/21

東広島市西条町寺家の「道の駅 西条のん太の酒蔵」の開業まで1カ月を切りました。どんな道の駅になるのか、気になっている人も多いと思います。中でも注目されているのが、屋内に設けられる「こどもひろば」。雨の日に子どもを遊ばせる場所が少ない、という声も多いため、パパ、ママの期待度マックス! 皆さんが注目するこどもひろばを見せていただきました。

目次

目次

 

道の駅西条のん太の酒蔵の場所

道の駅西条のん太の酒蔵の場所はこちら。


建物や駐車場が整備されて、7月15日のオープンに向けて、着々と準備が進められています。

道の駅西条のん太の酒蔵のホームページも公開されています。こちら
施設案内も掲載されています。

道の駅西条のん太の酒蔵ホームページのスクリーンショット

こどもひろば

道の駅西条のん太の酒蔵の特徴の一つが、屋内に設けられるこどもひろば。
雨の日にも子どもが自由に遊べる場所があるって、うれしいですよね。
こちらがこどもひろばの入り口。

のれんだ!
のれんをくぐるのって、なんだかわくわくします。

靴を脱いで、下駄箱に入れて上がります。

ん~、木の良いにおい。

あ、のん太だ! 巨大なのん太がいる~~~!
大人の筆者も思わず興奮するかわいさです。

こちらメインの大型遊具「のん太のたいぼく」。
おおむね3~8歳のお子さんが対象です。

中に入って上を見ると…

あっ!
ボールがある!

あっ!
しっぽもある!!

こちらは「のんたのかくれが」。

奥にあるのは歯車のマグネット。うまくつなげて、ハンドルを回すと連動して回ります。

右は水で描けるお絵かきボード。楽しそう!


こちらは「ハイハイよちよちエリア」。おおむね24カ月までのお子さんが対象です

こちら小上がり。畳とちゃぶ台です。

こどもひろばの利用方法

こどもひろばの利用対象者は、0歳~小学校中学年

当日の申し込み制で、利用時間に決まりがあります。

◎遊びたい日の当日に、事務所で申し込む
◎利用滞在時間はお片付けを入れて60分まで

事務所で申し込みをして、定員に達していなければ待たずに入れますが、定員に達していれば待つことになります。

道の駅西条のん太の酒蔵は、2022年7月15日にオープン!
多くの人が気になっているこどもひろばについてのリポートでした。

指定管理者さん、開業前の取材の協力をいただき、ありがとうざいました。

開業が待ち遠しい!


文・写真 Reiko Hashimoto

 

関連する人気記事

新着記事