7/23

(TUE)

若い世代の活躍増 福富でアクアフェスタ

  • 2023/10/26
会場を盛り上げたアイガモレース(撮影・小林)
会場を盛り上げたアイガモレース(撮影・小林)

 アクアフェスタin福富(同実行委主催、渡井修会長)が9月30日、10月1日の両日、東広島市福富町にある道の駅湖畔の里福富で開かれ、2日間で延べ約2万7000人が訪れた。

 アクアフェスタin福富は、2000年にスタートし、今回で23回目。

 沼田川の生き物を水槽で展示する「ちいさな水族館」や、ステージでの各団体によるパフォーマンス、定番のアイガモレースなどで盛り上がった。今年は、小中一貫特認校の福富小・中学校を紹介するブースや、マツダ・博報堂・市が連携する生活デザイン・工学研究所による展示など、地域の特色を生かした初めての催しも行われた。

 さらに、フェスタのイメージソング「遊・ふくとみ」を、作詞作曲したシンガーソングライターの山上茂典さんと福富小の児童が一緒に合唱。このほか、子どもらが手作りのごみ箱を背負って会場内を歩きごみを回収するなど、子どもたちや若い世代の活躍が目立ったイベントとなった。

 渡井会長は「地域の少子高齢化が止まらない中、子どもたちが自らやりたいと思うことを実行してくれていることが一番うれしい。私たちも元気をもらっている」と、次世代へ継承されることを期待していた。

(小林)

関連する人気記事

新着記事