7/19

(FRI)

企業の健康づくり研修会開催

  • 2022/01/26

 

 広島中央二次保健医療圏域(東広島市・竹原市・大崎上島町)の事業所の健康増進担当者の育成を図ろうと健康づくり研修会が3月25日、東広島商工会議所会館で行われた。ひろしま健康づくり県民運動推進会議などが主催し、約50人が参加した。

 シャープ通信システム事業本部と神戸製鋼所西条工場の健康づくり取り組み事例の発表後、東広島医療センターの医師・米田真康さんが生活習慣病予防について講演。メタボリックシンドロームの概念などを説明し、内臓脂肪の蓄積を減らすこと、ストレス解消、禁煙、定期的な健診を心掛けることが重要と述べた。

 腰痛予防運動の実技では、健康運動指導士の米澤和洋さん(ATHER(アザー)代表取締役)が正しい姿勢になるための簡単な運動を参加者に実技指導=写真。「毎日15分の運動を継続すれば健康は維持できる」と強調した。
 東広島市西条町から参加の保健師1年目の石田好恵さん(24)は「たいへん勉強になった。今後に生かしたい」と話していた。 (泉)

関連する人気記事

新着記事