5/20

(FRI)

20m巨大巻きずし作り 市立三ツ城小学校6年生

  • 2013/03/19
  • 2021/06/29

 

 東広島市立三ツ城小学校の6年生126人は3月5日、学校生活最後の思い出として巨大巻きずしを作った。
 長さ20mの海苔を目の前で見た児童たちは驚き歓声。日ごろ作ったことのない児童たちを横目に、優しく手をとり教える母親。児童たちは悪戦苦闘しながら、特大の巻きずしを完成させた。
 「学校最後の思い出ができた」「最初は不安だったが、うまく出来てよかった」と児童たちはにっこり。教諭や保護者は「今日は貴重な体験をすることができた。子どもたちとのすてきな思い出づくりに感謝している」と目に涙を浮かべていた。

関連する人気記事

新着記事