5/23

(MON)

市消防職員の研究発表「改良型ホースバンド」が一席

  • 2013/08/07
  • 2021/06/16

一席の改良型ホースバンドを持つ桐田さん

 

市消防職員の研究発表「改良型ホースバンド」が一席
 「平成25年度東広島市消防職員研究発表会」は7月30日、東広島市消防局2階講堂で行われた=写真下。 日々の消防活動を通して考案・改良・開発した消防機器などを10組が発表。 審査の結果、三席は東広島消防署北分署の「三輪搬送装置【アップUP】」、二席は東広島消防署本署2係の「簡易式バッグボード搬送器具運ぶ君」、一席は東広島市消防署安芸津分署の「改良型ホースバンド(改バンド)」だった。
 一席の消防士・桐田翔平さん(22)は「今回発表した作品を実用化に向けてさらに検討し、市民の安心安全のために今後の活動に役立てていきたい」と話していた。
 桐田さんは東広島市消防局の代表として9月4日の全国消防協会広島県支部研究発表会に出場。9月30日にはFM東広島「防災ひろば」に出演する。(井上)

関連する人気記事

新着記事