10/2

(SUN)

2年連続で県知事賞受賞

  • 2017/02/24
  • 2021/01/27

県知事賞を受賞した上家莉奈さん(左)と森岡浩人教諭

 

 広島県暴走族・少年非行防止対策会議が主催する「平成28年暴走族・非行少年グループ追放に関する標語コンクール」で、安芸津中出身で、県立竹原高3年の上家莉奈さんが、最上位の広島県知事賞を受賞した。
 国語表現の授業で作成し応募したという作品は「手放すな 自分の未来を 暴走で」。「夏休みに家にいた時、バイクとパトカーの音が聞こえていた。事故などで自分の未来を壊してほしくないという思いで作りました」と上家さん。
 竹原高の生徒は、昨年に引き続き2年連続で同賞を受賞。今回、上家さんの他にも4人が入選した。指導にあたった森岡浩人教諭は「2年連続の受賞はとても光栄。来年も引き継いでいってほしい」と笑顔で話していた。
(西村)

関連する人気記事

新着記事