5/22

(SUN)

防災用の井戸開設 東広島市と災害時協定【呉信金安芸津支店】

  • 2019/07/26
  • 2022/03/16

 

 呉信用金庫(呉市)は、昨年の西日本豪雨で旧支店内に土砂が流入して、約1週間の休業に追い込まれた安芸津支店(安芸津町三津)の新店舗に、防災用の井戸を設置した。「より多くの地域の皆さんに利用してもらえるように」と7月2日、東広島市と「災害時協力井戸に関する協定」を結んだ。市と民間事業者が防災用の井戸に関する災害時協定を結ぶのは初めて。
 同支店は、西日本豪雨災害後に断水が続き生活用水の確保に苦労したことから、昨年9月に新築移転した店舗駐車場内に、約60㍍の深さから地下水をくみ上げる井戸を、約260万円をかけて整備した。停電時でも使えるように、と手動式ポンプを採用した。今後は、災害時協力井戸であることを周知してもらうための表示板を掲示し、災害に伴う断水時に、トイレや洗濯などの生活用水として地域住民に提供していく。


続き>> http://www.pressnet.co.jp/article/190725_08.php

関連する人気記事

新着記事