5/21

(SAT)

広島大への交通手段確保へ カーシェア活用し社会実験

  • 2019/09/03
  • 2020/10/06

東広島駅に配備されているカーシェア用の自動車

 

 東広島市は8月から自動車を共同で利用し、必要なときに自動車を借りることができるカーシェアリング(以下カーシェア)を活用した社会実験を始めた。カーシェアの自動車を使って広島空港やJR西条駅、山陽新幹線東広島駅から広島大東広島キャンパスに行けば、利用者に特典を付与する、というもの。
 カーシェア事業を展開するタイムズ24(本社・東京都)が協力。同社が広島空港に5台、西条駅に6台、東広島駅に3台配備している自動車を活用する。利用者は会員登録をした上で、東広島キャンパスに30分以上駐車した場合、どこのカーシェアでも60分間無料で使える電子クーポンがもらえる(ドライブチェックイン)。期間は1年間。無料分の費用は市が予算を組み負担する。
 広島空港と同キャンパスを結ぶ直行便のバスはなく、空港から同キャンパスに向かう場合は、リムジンバスなどを利用し西条駅で乗り換えなければならない。

続き>>http://www.pressnet.co.jp/article/190829_04.php

関連する人気記事

新着記事