10/2

(SUN)

山の中にサンゴ

  • 2020/08/06
  • 2021/09/22

7月23日、東広島市河内町中河内で撮影

 

 「なっ、なんじゃあー、山の中にサンゴが生えとる」と思ったのは、キノコの仲間のハナホウキタケ(花箒茸)です。サンゴ状に多数枝分かれした姿を、ホウキの穂に見立てて名前が付きました。鹿の角が絡み合っているようにも見えます。色は黄色、紅色、ピンクとさまざまな個体が見られますが、見つけたのは少し日数がたって色あせて10cmほどの大きさでした。似た種類のものが多く、今後はっきりした種に分類される可能性があります。有毒種です。

(フォトリポーター 井川良成)

関連する人気記事

新着記事