8/15

(MON)

創業60年 地域に根付く企業「地域で役に立つ存在であり続けたい」 株式会社キハラ楽器

  • 2020/04/04
  • 2020/08/24
音楽教室や楽器販売などを手掛けるキハラ楽器(木原正好社長)は、昨年創業60周年を迎えた。   創業は1959年。祖父と母が、親戚の縁故で楽器を仕入れ、竹原で販売したのが始まりだった。その後、ヤマハの品質高いオルガンにひかれて、ヤマハの特約店になった。転機は音楽教室の事業展開。「音楽をする喜びを皆と分かち合う人を育てる」とヤマハ音楽教室を展開。キハラ楽器独自の音楽教室も開いた。適期教育などの特徴を持つヤマハ音楽教室が子どもの成長に与える素晴らしさについて、広く情報発信していくなど、音楽教室の経営に力を注いだ。   2014年の「戦後日本のイノベーション100選」に選ばれたヤマハ音楽教室。「ヤマハ音楽教室の教育システムは、子どもたちの能力を育てるためにとてもよく考えられている」と木原社長。「これからも地域で役に立つ存在であり続けたい」と地域への感謝の気持ちを胸に、会社経営にまい進する。(石田)  
キハラ楽器発表会

発表会の様子

関連する人気記事

新着記事