8/18

(THU)

【東広島市地域包括ケア推進課】家庭でもできる運動紹介 元気輝きポイント貯めよう

  • 2020/06/03
  • 2020/08/26
元気輝きポイント

完成した冊子を紹介する職員

 東広島市は、新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けた中小企業や市民たちを支援するさまざまな施策を打ち出している。

―市が冊子作成 高齢者世帯に配布

 東広島市は、自宅で元気輝きポイントが貯められる冊子を作成、65歳以上の高齢者世帯に配布した。

 冊子はA4判、16ページ。3万1402世帯に配った。フレイル(虚弱)チェックや家庭での運動方法などをまとめている。元気輝きポイント制度は、市が市民の健康寿命の延伸を目標に2019年から始めた。高齢者がサロンなどで健康づくり活動を行うと「元気輝きポイント手帳」にポイントが貯まっていき、それに応じた報奨金が支給される仕組み。

 今回、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、外出が制限された高齢者の運動不足の解消に、と冊子を作成した。6~9月末までは介護予防等ポイントを2倍にして換算する。

 市地域包括ケア推進課では「外出自粛になり、ポイントを貯める活動が制限されたので、リーフレットを読んで、家でもできるフレイル予防に取り組んでもらえるとうれしい」と話している。

関連する人気記事

新着記事