12/9

(FRI)

寺西小4年生が「ふるさと探検!黒瀬川」で、すんでいる生き物を調べて水質を学びました !

  • 2020/10/23
  • 2020/10/24

 

 

 東広島市西条町寺家、市立寺西小学校の4年生が10月2日、同地域を流れる黒瀬川の生き物を採取し水質を調べるふるさと探検!黒瀬川 」を行いました。寺西小では、環境学習の一環として黒瀬川をきれいにしよう と、寺西まちづくり推進協議会と東広島市役所環境対策課の協力で、毎年6月に行っています。今年は天候などの影響で例年より遅い開催となりました。

 

 

児童99人は川に入り、それぞれ網を手に虫や魚などを捕まえました。

 

 

 

採取した生き物は種類ごとケースに分別して観察 きれいな川にすむヒラタカゲロウ や、 ややきれいな川にすむスジエビ、ドンコ、トビケラ など、たくさんの生き物がすんでいることが分かりました

 

 

 

 

 

 

 

 市の職員から、すんでいる生き物の種類からこの川は『ややきれいな川』 であるとの説明を、児童たちは興味津々に聞き入っていました。

 

 寺西住民自治協議会の清水迫義基さんは「川の水がきれいということは住んでいる所がきれい、ということを、 実際川に入って子供たちに感じ取ってもらいたい 」、同小4年生の加藤映さんは「たくさん生き物がすんでいることが分かってうれしい。 川をもっときれいにするために、自分にできることをやっていきたい 」と話していました。

 

 

 

 

 

関連する人気記事

新着記事