12/5

(MON)

温室効果ガス排出量ゼロへ 「ゼロカーボンシティ」宣言 東広島市

  • 2022/03/21
  • 2022/03/20

 東広島市は、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出量の実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」宣言を3月7日に行った。

 

 宣言文は「2015年に合意されたパリ協定では、産業革命からの平均気温上昇を1・5度に抑える努力をすることが、世界全体の長期目標とされている。国においても経済と環境の好循環を目指し、脱炭素化に政策を総動員して取り組むとしている」と記し、「2050年のカーボンニュートラルを達成するためには、市民や事業者、市が協働して取り組むことが必要不可欠」とした。

 

 具体的には、2030年までに、市全体の温室効果ガスの排出量を、国の目標値と同等の13年度比で46%削減することを掲げている。デジタル技術などの最新技術を活用し、市民のライフスタイルの変化を促しながら、他地域に先行してカーボンニュートラルエリアを形成するため、22年度から市福富支所を中心としたエリアで、太陽光発電など再生可能エネルギー設備の導入に向けた取り組みを開始する。

 

(日川)

 

関連する人気記事

新着記事