5/16

(MON)

寺西・平岩小両校に横断幕 寺西交番連絡協議会

  • 2013/07/17
  • 2021/06/23

 

 「いかのおすし」で犯罪を防ごう。東広島市西条町の寺西交番連絡協議会(沖田紀生会長)は寺西小学校と平岩小学校に防犯の横断幕を寄贈し、7月17日に両校で贈呈式が行われた。
 横断幕は縦1.2m、横6mで、防犯標語「いかのおすし」の文字。寺西小での式は防犯教室に先立って行われた。東田宏昭校長は「地域や警察、多くの人の思いに感謝している。『いかのおすし』をしっかり守って夏休みを安全に過ごしてほしい」とあいさつ。児童代表でお礼を述べた豐田万葉さん(6年)は「小学校最後の夏休み。標語を守って楽しく過ごしたい」とほほ笑んでいた。
 同協議会は寺西交番と地域住民によって平成7年に設立。交番管内の防犯、安全活動を行っている。沖田会長は「寺西交番からの提案と地域自治会からの支援があって横断幕を作ることができた。まち並みの変わる寺西地区だが、交番や学校と連携しながら安全なまちを維持していきたい」と話している。横断幕は寺西小校門に掲げられ、児童らの夏休みの安全を見守る。(堀)

関連する人気記事

新着記事