7/15

(MON)

自転車盗やひったくり防止呼び掛け 「施錠し、防犯ネットの活用を」

  • 2021/05/26

自転車のかごに防犯ネットを取り付ける地域安全推進員

 

 東広島署員、地域安全推進員、広島国際大学の学生ら計約20人は10月14日、JR西条駅前で自転車盗被害やひったくり被害の防止を呼び掛けた。通勤・通学者にポケットティッシュやチラシを手渡したり、ひったくり防犯ネットをかごに取り付けたりした。
 自転車盗被害件数は9月末現在、広島県内で1008件。このうち東広島署管内は276件で、県内で最多。
 ひったくり被害は同署管内で9月に入り、3件立て続けに起こった。若い女性や学生が狙われた。 自転車盗被害の75%は鍵をかけておらず、同署は、鍵をかけること▽管理が行き届いている駐輪場の利用▽自転車の防犯登録の実践—を呼びかけている。
 防犯ネットを受け取った専門学生・中谷亜衣沙さん(19)は「防犯ネットのことは知っていた。活用したい」と話していた。      (新海)

関連する人気記事

新着記事