9/25

(SUN)

車いすテニス・齋田選手が講演

  • 2017/03/25
  • 2021/01/27

講演をする齋田さん

 

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックへの機運を高め、障害者スポーツの価値や可能性を再認識してもらおうと、東広島市教育委員会は3月18日、同市西条町土与丸の総合福祉センターで講演会を開いた。講師は車いすテニス選手の齋田悟司さん。同市内外から参加した人々が話に耳を傾けた。
 齋田さんはアテネパラリンピック車いすテニス男子ダブルスの金メダリスト。昨年行われたリオデジャネイロパラリンピックでは国枝慎吾選手と組み、銅メダルを獲得した。
 講演では「行動する勇気~世界への挑戦~」と題し、車いすテニスを始めたきっかけやこれまで出場した大会での苦労などを語った。リオデジャネイロパラリンピックについては、撮影した写真や動画も交えて説明。準決勝で敗れ3位決定戦に臨み、銅メダルを獲得したことについて「メダル獲得のプレッシャーで毎日毎日苦しかった。勝った瞬間はほっとした」と話し、「目標を持ち、自分の軸をぶらさずに努力し続ければ、夢は実現できる」と参加者に呼び掛けた。
(小林)

関連する人気記事

新着記事