4/1

(SAT)

ソフトボールで親睦深める マツダグループ会社が交流大会

  • 2019/05/20
  • 2022/03/09

ソフトボールの大会で親交を深めるマツダグループ会社の社員

 

 自動車メーカー・マツダのグループ会社でつくる「MGS(マツダグループソフトボール)会」は4月20日、東広島市福富町下竹仁の福富多目的グラウンドで第24回MGSソフトボール大会を行った。製造、物流など22社から27チームが出場し、約400人がプレーで親睦を深めた。
 同大会は、グループ会社の横のつながりを強化しようとスタート。新入社員の紹介もできるこの時期に毎年開催している。
 各社の社員が協力して大会を運営。プレス工業(尾道市)社員で、大会会長の斉木孝秀さんは選手としてもプレーし、「スポーツを通して社内外の人と交流でき、心身共にリフレッシュできる良い機会」と汗を流していた。
(橋本)

関連する人気記事

新着記事