12/4

(SUN)

雪化粧の並瀧寺

  • 2020/03/19
  • 2021/09/29
3月5日、東広島市志和町並瀧寺で撮影

 3月5日は二十四節気の一つ「啓蟄けいちつ」。地面が暖まり、冬眠していた虫たちが穴から出てくるころ、と言われています。ところが「寒の戻り」となり、県南部でも内陸を中心に今年初めての雪化粧。奈良時代の僧、行基によって建立されたとされる並瀧寺は本堂、楼門ともかやぶきで雪景色の映える寺です。白いしっくいで塗られた楼門から本堂を撮影しました。東広島市重要文化財に指定されています。

(フォトリポーター 井川良成)

関連する人気記事

新着記事