10/6

(THU)

香りの良いクロモジ

  • 2020/05/21
  • 2021/09/22
4月28日、東広島市福富町上竹仁で撮影

 

 クロモジ(黒文字)は高さ2~5mの落葉低木で、山地の林内に自生し4月の中頃から咲き始めます。目立たない黄緑色の花が集まって咲き、花柄に毛があります。枝を折ると甘い香り(柑橘かんきつ系)があり、高級和菓子のようじなどの材料と言えば、ピーンとくる方も多いと思います。他にもクロモジの用途は広く、特産品の開発が進んでいます。花言葉は「誠実で控えめ」。

(フォトリポーター 井川良成)

関連する人気記事

新着記事