7/1

(FRI)

市と大学が一体となってまちづくり 東広島市と近畿大学 包括連携協定を締結

  • 2022/04/21
  • 2022/04/27

協定書を持ち記念撮影する高垣市長(右)と藤原副学長(撮影・山北)
協定書を持ち記念撮影する高垣市長(右)と藤原副学長(撮影・山北)

 東広島市と近畿大学(大阪府東大阪市、細井美彦学長)が3月28日、包括連携協定を締結した。

 

締結式は東広島市役所で行われ、高垣広徳市長と近畿大学の藤原尚副学長が出席。協定書に署名後、高垣市長は「市が掲げる『やさしい未来都市』の実現のためには、行政の力だけではなく大学や市民、企業などが一体となり取り組むことが必要」とあいさつ。

 

藤原副学長は「近畿大学の教育・研究を社会に還元することは、社会的な使命。東広島市のパートナーとして産業・農業・地域振興など各分野の連携を深めていきたい」と話していた。

 

協定内容は▽企業の技術力向上および産学連携強化の推進▽人材の育成▽地域防災の推進▽SDGsの推進▽交通アクセスの向上―など8項目。

 

今後、同市と同大学が一体となってまちづくりに取り組む「東広島市・近畿大学 Town&Gown (タウン・アンド・ガウン)構想」の推進を目指す。

 

(山北)

 

関連する人気記事

新着記事